今年3月のジュネーブモーターショーで、シトロエンはDS3として発売される予定のコンセプトカー、DSインサイドを発表した。しかし、その時の展示スペースは暗く、ライティングは最悪だったため、車は見づらく、写真も撮りづらい状況だった。おそらく、ちょっとエキセントリックなこのフランスの自動車メーカーにはまだ、DSの復刻版であるDSインサイドを隅々まで見せる準備が整っていなかったのだろう。しかしシトロエンは今回、最新のDSインサイドの映像とビデオをついに発表した。発売が待たれているDS3の一端を垣間見ることができたわけだ。

映像やビデオから、DS3が小型の高級車として開発されているのがはっきりと分かる。
シートなどに使われているレザーは、独特の質感を出しているし、内装は全体的に実用的だが魅力的。フォルクスワーゲン、MINI、フィアットは往年の名車のエッセンスを新型モデルに取り入れているが、DSの復刻モデルは名前の割には、オリジナルの雰囲気がどこにも見当たらない。せめて、スポークが1本だけのあのステアリングを復活させてもらいたいものだが、どうだろう?
 ギャラリーでは、DSインサイドの内装が見られる。動画も要チェックだ。

Related Gallery:Citroen DS Inside interior shots