アストンマーティンがV8ヴァンテージN24で、ニュルブルクリンク24時間レースに参戦したのは2006年。昨年は、イエローのボディカラーも鮮やかなN24、通称"Rose"がついにクラス優勝を果たした。今年はさらに勢いを増し、"Rose"の他に5台のヴァンテージを加え、6台体制で勝負に挑んだ。その中の1台は、今年のジュネーブモーターショーで発表された517psのV12ヴァンテージだ。

しかし、6台のうち3台は他のチームに提供するため、アストンマーティン本体のチームから出走するのは3台となる。1台目はわずかなモディファイのみというV12ヴァンテージで、ドライバーはアストンマーティンのCEOであるウルリッヒ・ベッツ氏と他3名の精鋭たちが務める。2台目はもちろん"Rose"。そして3台目は、リチャード・クレーマー氏が率いるアストンマーティン・オーストリア・チームのヴァンテージN24だ。

詳細はプレスリリース(英語)にあるから読んでほしい。さて、24日に行われたレースの結果はどうなったのか? 結果はthe ADAC siteをチェック!

Related Gallery:Gun Godz (PC)