知らない方もいると思うが、MINIは今年で50周年を迎える。そのため今年のMINI United Festivalは50周年を祝うイベントとして盛大に行われたようだ。これはMINIのファンのために2年に1度開かれるイベントで、今年の開催地はイギリスのシルバーストンだった。バースデーパーティーが華やかに行われただけでなく、記念としてMINIは2つのニューモデルを発売する。それが限定モデルのMINI 50 Mayfair(写真 茶色)とMINI 50 Camden(写真 白)だ。しかし、この2つは全く新しいモデルと言うよりもむしろ、限定カラーと限定オプションと言った感じがする。MINI Convertible、MINI Clubmanだけでなく、スタンダードなSシリーズやディーゼルエンジンのDシリーズなどに50 Mayfairや50 Camdenがウリにしているパーツや仕様をオプションとして付け加えても、違和感が全くなさそうだからだ。

ここでは、限定モデルの特徴をずらずらと並べるヤボなことはしないが(BMWがプレスリリースを出しているので気になる方はチェックを)、それぞれのモデルには、フロントグリルに50周年の記念バッジがつき、MINIが誇るHiFiオーディオシステムや情報とエンターテインメントが合体したMission Controlと呼ばれる最新システムが搭載さることだけはお伝えしておこう。

新型モデルの名前となっているMayfair(メイフェア)とCamden(カムデン)はロンドンにあるトレンディーな地区の名にちなんでおり、この辺は実にMINIらしい。ちなみに、Mayfairの方は、過去にこの名のついた車が発売されている。2つの地区の歴史は古いが、MINI 50 MayfairとMINI 50 Camdenは1年限りの限定で、発売は2009年9月から。しかし残念ながら、イギリスのみでの発売らしい。

Related Gallery:MINI 50 Mayfair


Related Gallery:MINI 50 Camden