ディズニー傘下のピクサーは2011年夏にアメリカで公開予定の「Cars 2(原題)」を製作中だが、その公開を待つ間も私たちを楽しませてくれる新作が完成した。「Mater's Tall Tales(原題)」という短編アニメシリーズで、アメリカでは「トゥーン・ディズニー」チャンネルで放映される。シリーズの各作品には愛らしいレッカー車のメーターが登場。声優はラリー・ザ・ケーブル・ガイ。ストーリーはメーターが昔の活躍を自慢げに回想する形で進み、レスキュー隊員だった頃、怖いもの知らずのスタントアクションで人気者だった頃、スペインでマタドールに扮していた頃とエピソードが満載だ。

そしてシリーズ最新作が映画「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」のパロディ「Tokyo Mater(原題)」。
メーターが主人公ライトニング・マックィーンに語るのは、彼がかつて東京で巻き込まれたドリフトレース。負ければカッコ悪い車に改造されてしまうというレースにメーターが参戦するストーリーだ。最初から最後まで笑いに溢れた作品は一見の価値あり。ビデオ画面をクリックしてぜひ楽しんでほしい。情報提供ありがとう!