現在のフェラーリF430は生産終了が迫っており、後継モデルがフランクフルトモーターショーで発表される予定である。
フェラーリは特別仕様の最終モデルをチャリティオークションに出品したが、ドイツの2社は共同でF430にかなり独特(!?)なアレンジを施した。その2社とはUnique Sportscarsと呼ばれる会社と、"跳ね馬"の絶妙なチューニングで有名なチューナー、Novitec Rossoのこと。2社が施した「独特なアレンジ」とは、なんと「タトゥー」!F430がタトゥーを入れたらどうなるか、などと誰も考えたことはないだろう。しかし、それをNovitecらはF430 Calaveraで実現してしまったのだ。

せっかくのF430にタトゥー風の個性的なカラベラ(がいこつ)をエアブラシで描いたのはアーティストのKund Tiroch。そこへNovitec Rossoが2基のスーパーチャージャーを搭載し、F430 TuNeroと同じ、出力717psを実現した。
これは同じくNovitecの手によるF430 Evoluzioneの665psを上回る。Novitecはさらに、20インチホイールとアジャスタブルダンパーをF430に採用した。内装にはカラベラのテイストが効いているし、フロントスプリッターに沿うように両側にライトを1列ずつ並べた外装からは、Novitecの個性が見てとれる。
贅沢なチューニングを施した結果、F430 Calaveraが時速60miles(約96km)までにかかる時間は3.5秒、最高速度は時速216miles(約348km)となっている。Unique Sportscarsによれば、F430 Calaveraは11台の限定生産モデル。

好みは人により様々とは言え、そんなに売れるのか、というのが正直な感想である。大きな画像もあるので下のギャラリーでチェックしてほしい。スライド映像も見られるのでそちらも要チェック。

Related Gallery:Unique/Novitec Ferrari F430 Calavera