ビデオは下をクリック


Autoblogでは、様々な乗り物を紹介したいと思っている。
今回は、水素燃料電池とか、リチウムイオン電池などといった代替燃料を使った車ではなく、一人用飛行装置「ジェットパック」を紹介しよう。コロラド州デンバー在住のエリック・スコット(46歳)は、このジェットパックのパイロット(!?)だが、昨年、コロラド州にある高さ321mのロイヤル・ゴージ峡谷を、世界で初めてジェットの力で渡るという偉業を成し遂げた。
そのスコットが先週末、スコットランドのノックヒル・レーシング・サーキットで、ジェット推進(飛行機やジェットヘリなどを除いた)による飛行では世界最速記録となる時速68 miles(約109km)の記録を打ち立てた。
このジェットパックの最速記録を生みだしたイベントが、フォード・フォーカスRSとのドラッグレースだ。準備なしにぶっつけ本番で行われたこのドラッグレースでライムグリーンのフォード・フォーカスRSのハンドルを握ったのは、英国ツーリングカー選手権で優勝経験のあるゴードン・シェデン。果たして勝者はどちらだったのか? 
ビデオでは勝敗がよく分からないが、結果はジェットパックを装着したスコットが僅差で勝利。しかし、スコットのジェットパックは30秒走行分しか燃料を積めないのだから、もう少し距離があればフォーカスRSが勝利したに違いない。