伝説の映画スター、スティーヴ・マックィーンがかの傑作刑事アクション映画「ブリット」(1968年)で演じた役を、ブラッド・ピットがリメイク版で演じるというが話題となったのは2年前。
しかし、具体的な話はその後、あまり聞こえてこなかった。しかし、ここにきて新しい情報が入ってきた。それによると、スターでありながらカーレーサーであったマックィーンの生涯が映画化されることになり、ブラピ自身が敬愛するマックィーン役を演じる予定だということだ。

タイトルは未定だが、プロデューサーは、2010年アメリカで公開予定の「Art of the Devil」(日本公開は未定)でも一緒に仕事をしているマイケル・セレンジーとクリスティーン・ピータースが担当し、来年から撮影に入るらしい。
奇しくも2010年は、伝説のカーレーサーであったフィル・ヒルアイルトン・セナ両者の映画がそれぞれ公開される予定であり、オートブログファンも映画館に足を運ぶ回数が増えることになるはずだ。