第16回レース・トゥー・イレース・MSのイベントに登場したランボルギーニ ガヤルド LP560-4・スパイダーの高解像度ギャラリーは下をクリック

スーパーカーで新型といえば、誰もが興味を引くことは当然。さらにチャリティーオークションに出品されたとなれば話題性十分だ。その車とは、サンタアガタ・ボロネーゼの工場から送り込まれた米国初登場のランボルギーニ ガヤルド LP560-4・スパイダー。なんと5月8日にロサンゼルスで開催された第16回レース・トゥー・イレース・MSのイベントでオークションにかけられた。

このランボ・スパイダーは本チャリティーイベントのための特別仕様で、黒いボディに主催団体のイメージカラーであるオレンジのアクセントが際立つ。
落札価格は27万ドル(約2,630万円)で、リストプライスを優に5万ドル(約490万円)上回った。True Religion(トゥルー・レリジョン)のキンバリー・ゴールド・ルーベルと音楽プロデューサのビクター・ニューマンが同じ値を付けての落札となり、この2シートロードスターを共同所有することになるそうだ。車は来月の初めにアメリカに向け発送される。
収益は、今年これまでのオークション収益の一部、200万ドル(1億9000万円)と合わせ、多発性硬化症という難病の研究、および社会に向けたキャンペーンを展開する団体に寄付される。詳細については下記プレスリリース(英語)をチェックしてほしい。

Related Gallery:Lamborghini Gallardo LP560-4 Spyder