Autoblogでは業務の拡大にともない新たな執筆者を募集しています。

現在の募集はオリジナル記事を書ける方です。

・日本、海外のラリー関係
・個人的に取材をしていて執筆できる人
・重機
・ラグジュアリー系
・EVカー
その他

その他個性的な記事を執筆できる方、Autoblogでの取り扱うテーマに興味のある方はぜひご連絡ください。

資格はクルマが好きであること、日本語で他人に伝える文章が書けること、
製品紹介や一般記事程度の英文が読めること。18歳以上であることを除いて国籍や在住地などに条件はありません。フルタイム~パートタイムの形態や時間は応相談。各国のブログ執筆陣は紙メディアの記者・編集者あがりからエンジニア・研究者、弁護士や学生までの混成チームです。興味のあるかたは続きをどうぞ。
応募にあたって必要なのは:

執筆について:
• サンプル記事を2つ。希望のブログに沿った記事を2つ作製してください。現在のブログのスタイルを模倣する必要はありません。ブログ読者に向けた記事の範疇で自分なりの書き方をしてください。
※ちなみにこちらのポータルサイトからもAOLの日本版各ブログがご覧いただけます。
(送付された記事を実際に掲載することはありません。)

応募者について:
• 自己紹介をお願いします。分量・体裁ともに自由ですが、簡単な履歴書を送ってください。
• 志望動機。希望するブログと他の同系サイト・出版物との違いについて考えること。体裁自由。自分なりにまとめてください。
• 参考までに (Autoblogであれば、国産車とイタリア車なら権威だけれど自動車市場情勢については詳しくない、レーシングゲーム記事なら任せろetc)について、また関連するかもしれない技能や経験、仕事や活動歴、ウェブサイトやBlogを教えてください。
• (応募メールアドレス以外の) 連絡先。
• 週のうち執筆や取材に費やせる時間・時間帯について。現実的に。学業や本業・育児といった事情のあるかたも歓迎しますが、週に数時間以下という場合はレギュラーで執筆していただくには向きません。単発の寄稿であれば提案をお受けします。

その他:
応募はメールで bloggers@aol.jp まで。期限はとくに定めませんが、応募者多数が予測されるため全員に返信はできかねることをあらかじめお詫びします。

また仕事として執筆はしないけれど何かしら協力してやらんこともないというかた、面白いネタを見つけた・こんな新製品や企画がある・すごい研究をしているから観てくれというかたはこちらのたれこみフォーム(bloggers@aol.jp)でいつでも情報提供をお待ちしております。
よろしくお願いします。

記事を書きたいけど...単発しか書けないという方
http://jp.autoblog.com/tips/
情報提供はコチラにあります!
何かありましたらどうぞ!!いや、遠慮なくどうぞ!!!