Nissan GT-Rが安く手に入るチャンスだ。とはいえ、バージニア州のMotley's Richmond Auto AuctionでオークションにかけられるGT-Rは、市場価格よりそれほど安値で取引されることはないだろう。

車に負担のかかるローンチコントロール機能(スタート時に一気に加速する機能)が使われていることに目をつぶれば、出品されたこのGT-Rは走行距離がたったの3011マイル(約4846キロ)で新品同様だからだ。中古車の履歴情報を提供しているCARFAXによれば、この車は事故歴、故障歴がなく、ワンオーナー。欠陥のある車でもない。
おそらく買ったはいいが、このご時世で支払いに困ったオーナーが手放したのだろう。我々がオーナーなら、誰にも知られないように車を秘密のガレージに厳重に保管し、臓器の1つや2つをブラックマーケットで売りさばいてでも支払いに充てるところだ。
腎臓は1つ売っても大丈夫だが、GT-Rを手に入れるチャンスはあまりないのだから。GT-Rを購入するだけの余裕があり、これを掘り出し物だと考える人々が急いで入札することは間違いない。彼らが臓器を売ることなく支払いができれば大したものである。
情報提供者はカーブログ『Hemmings』の友人だ。CARFAXの情報を教えてくれたのも彼らである。この場を借りて感謝したい。

Related Gallery:Postcards from The Secret World: A R'lyeh close look at multiplayer