GTA Spanoの高解像度ギャラリーは下へ。
みんなができることは、自分たちだってやればできる―。どうやらこれがスペイン自動車業界のモットーらしい(イタリアとは正反対だ)。 ドイツのフォルクスワーゲンが、スペインを本拠地とするグループ子会社SEAT(セアト)を「スペインのアルファロメオ」に仕立てようと躍起になっている間に、スペインのGTA Motorはフェラーリやランボルギーニに匹敵するスーパーカー『Spano(スパーノ)」』の開発に力を注いでいた。
そしてついにそのSpanoが、F1ヨーロッパグランプリが開催される地中海沿岸の都市、バレンシアでお披露目された。GTAによる発表の内容に、スペイン版オートブログが入手した情報を交えてご紹介しよう。

Spanoの外観は、ご覧のとおりまさに「これぞスーパーカー」といったデザインで、特筆すべきはダッジ・バイパーから供給されたと噂されるエンジンだ。
驚異の8.3リッターV10スーパーチャージャーは、最高出力791psを誇っている。カーボンファイバーやケルバー、チタンを使用して軽量化した車体を操るには、十分すぎるほどのパワーだろう。
そして0-100km/h加速は、もはや「まばたき禁止」レベルの2.9秒。トランスミッションは、7速シーケンシャルAT、パドルシフト付ATおよびMTの3タイプから選択できる。存在感のあるホイールは19インチ。また、オプションでエンジンをバイオエタノール対応にすることもできる。
生産台数は世界限定99台、価格はおよそ$670,000(約6 ,657万円)になる見込み。そして、GTAのモータースポーツ参戦のノウハウを生かしたレース仕様車も開発される予定されている。
新登場GTA Spanoの画像は、下のギャラリーをクリックしてご覧いただきたい。

Related Gallery:GTA Spano Cache is working