カーレースを題材にした優れた映画は少ない。それでもスティーヴ・マックィーンはこの分野で大活躍をしてくれたし、1967年の映画「グラン・プリ」は秀逸だった。
もし他にも「これは!」と思う映画があればぜひコメント欄にタイトルを残していってほしい。そんな中、2、3年以内にモータースポーツの映画が数本公開される予定となった。1本はトビー・マグワイヤが主演、プロデュースの『The Limit』。トビーは伝説のレーサー、故フィル・ヒルを演じることになっており、我々も期待している。そして、カーレース映画に新たな傑作となるような作品が製作されるというニュースが飛び込んできた。

今の段階ではタイトルも未確定だが、アイルトン・セナのドキュメンタリー映画の製作が決定し、来年の公開が予定されているのだ。
監督はイギリスのアシフ・カパディアで、製作はコーエン兄弟の映画や「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」、公開中の「フロスト×ニクソン」も手掛けた、ワーキング・タイトル・フィルム。セナの家族やアイルトン・セナ財団(1994年に設立された慈善団体)も全面協力を約束している。
ここで誰もが気になるのは当然、3度F1のワールドチャンピオンに輝いた偉大なる英雄を誰が演じるかだろう。しかし実はこの映画、実際のセナの映像をもとに製作されるそうだ。秘蔵映像も出てくるだろうから、きっと見逃せない映画になるはず!