ニュルブルクリンクサーキットの北コースで、トップを目指す挑戦はまだ続いていた。日産のGT-Rが再び記録を更新したのだ。今月行われたラップテストの2日目を終え、GT-Rは15日に打ち出したタイムを1秒も上回り、その記録は非公式ながらも7分26秒7をマークしたと日産は発表した。このタイムは、コルベットZR1の公式タイムにあとわずかで届きそうであり、フェラーリのEnzo(エンツォ)よりも1秒ちょっと遅いだけである。通常、非公式でのタイムアタックは、サーキットに撒かれている融雪剤などの除去は行わない。その状況下でこのタイムは立派の一言だ!我々はポルシェの記録挑戦にも期待しているが、その時までには、GT-R「SpecV」がさらにラップタイムを更新しているかもしれない。