トヨタの高級ブランド、レクサスは、新型IS C(コンバーチブルモデル)と新型RX450hの販売価格を発表した。IS Cは今年5月末に、そしてRX450hは夏の発売を予定している。他の自動車メーカー同様、レクサスもアメリカ国内での販売には苦戦を強いられているため、RX450hとIS Cの投入で少しでも売上げアップへつなげたいところだ。

今回発表されたアメリカでの販売価格だが、RX450hのFWDモデルは41,660ドル(約404万円)、AWDモデルは43,250ドル(約420万円)。この2010年型RXハイブリッドモデルは装備の充実など、現行タイプと比べ、様々な点で品質アップが図られているが、基本価格は2008年モデルと比べ、FWDで約4万円、AWDで約2万円価格が下げられている。また燃費に関しては、町乗りで約14km/l、高速で約12km/lを達成しており、現行RX400hよりも16%から20%も向上している。そしてアトキンソンサイクル化した3.5リッターのV6型に電気モーターを組み合わせたエンジンは、最大出力299psを発生し、現行モデルよりも27ps向上しているのだ。

一方、フルモデルチェンジしたハードトップ型のIS Cだが、250Cの販売価格は38,490ドル(約373万円)。このモデルの場合、搭載しているエンジンは2.5リッターで、トランスミッションは6速マニュアル。6速ATの場合は、39,660ドル(約385万円)となる。そして、最大出力310psを発生するIS 350Cモデルの場合は43,940ドル(約426万円)を予定している。3分割できるIS Cのハードトップ部分は、軽量のアルミ合金製で出来ており、開閉時間はわずか20秒。この他、フォグランプやフロントスポイラーの形状も一新されている。また、リアを2インチ(約5cm)大きくしたことでトランクに余裕ができ、ゴルフバッグをすっぽりと収められるようになった。

それぞれの価格には諸費用875ドル(約8万円)は含まれていないので、別途必要だ。レクサスのさらに詳しい情報はプレスリリース(英語)をチェックのこと!

Related Gallery:Apple iBooks 2 screenshots


Related Gallery:Alesis AmpDock and DM Dock