どんな市場のニーズにも対応するべく、アウディの開発ラッシュは続いているが、A5 Sportbackの登場をみる限りまだまだ終わらないようだ。来年の販売を予定しているA7の弟分となるA5 SportbackはA5をベースとし、A4の実用性とA7の"4ドアクーペ"のシルエットを融合させた5ドアのスポーツハッチとなるらしい。

フランスの自動車雑誌『L'Automobile』によると、エンジンはTTクーペに搭載されている4気筒及び6気筒と同じようにアウディ ハンガリア モーターKft.から供給されるようだ。基本モデルにはターボチャージャー付きの2リッター直列4気筒が搭載されるほか、海外仕様としてディーゼルエンジンも用意していると思われる。将来的には、現在の新型S4やA6と同じ最高出力が約333psのスーパーチャージャー付きV型6気筒エンジンを搭載したモデルや、約456ps、V8エンジンのRSモデルも用意される。

今年の9月に開催されるフランクフルトモーターショーでコンセプトモデルが発表され、来年のジュネーブモーターショーで市販モデルがデビューを飾るだろうと我々は予想している。気になる発売時期は、2010年後半あたりだろう。