アウディの2007年型コンセプトカー「クロスクーペ・クワトロ」の高解像度ギャラリーは上をクリック

アウディの新型Q5クロスオーバーの第一報が、やっと北米に届いたと思ったら、同社はすでに次のQシリーズに取りかかっているようだ。22日、フォルクスワーゲングループの高級車部門であるアウディは、2011年にスペインでQ3クロスオーバーの生産を開始することを正式に発表した。
同社はグループの傘下である、SEAT(セアト) のスペイン・マルトレル工場で、年間約8万台の生産を計画している。アメリカでの生産については、スペインでの生産ラインが確立するまで保留だそうだ。 アウディのCEO ルパート・シュタートラー氏はこう語る。

「我々は現在の危機的な市場状況を踏まえて、取るべき道を計画的に探るつもりだ。わが社の形勢は悪くない。目下のところ、生産工場を追加する差し迫った必要性がないというだけだ」

"SUVのシートアレンジとホイールサイズ、そしてグラウンド・クリアランスを備えたクーペのような5ドアのSUV" と描写されるQ3は2007年型コンセプトカー「クロスクーペクアトロ」のようなシルエットを持つと思われる。アメリカで生産されることがないにしても、北米市場でも発売される見込みだ。詳しくは、プレスリリースをチェック。

Related Gallery:Canon G1 X review


Related Gallery:Prada phone by LG 3.0 review