マツダロードスターのライバルと言われるMINI Speedsterの噂は何年も聞いてきたが、ここにきてさらなる情報がもれ始めてきたことから、現実味が増してきた。MINI Speedsterは、2シーターとなることが予想され、ラゲッジスペースは1人分のゴルフのキャディバッグより多少は大荷物が置けるくらいの広さとなるだろう。

イギリスのAuto Expressによると、Speedsterは、Cooper Sに搭載している1.6リッター4気筒ターボとJohn Cooper Works(ジョン・クーパー・ワークス)が使用する最高出力が約210psの2種類のエンジンを搭載する予定だそうだ。変速機は6段マニュアルとなるが、オートマティック車も登場すると考えられている。

Speedsterの外観は、現状のCooperのツンとしたまっすぐなフォルム(かわいい、とも言える?)とは違い、車高が低めで、車幅はよりワイド。タイヤのトレッドが目立たない大きなホイールが装着されている。電動のコンバーチブルトップと取り外し可能なハードトップもラインナップに加わると噂されている。ひょっとするとBMWは、計画中のMINIのCUV(クロスオーバー・ユーティリティ・ビークル)タイプよりも先に、このプロジェクトを進めるのだろうか?