よりスタイリッシュで軽量な車を目指したLexus IS Fの開発が進行している。日本からの情報によれば、IS F Evolutionの発売は2010年の夏だそうだ。

IS F Evolutionの詳細は、いまだベールに包まれている。しかし以前も報告した通り、ハイパワーを追及するよりも、軽量化とハンドリングに力を入れて開発が進められているのは間違いないようだ。車情報のウェブサイト、7TuneによればIS F Evolutionは市販モデルよりも300ポンド(約136Kg)軽くなり、車両重量を約3400ポンド(約1542Kg)にまで抑えている。内外装に、カーボンファイバーが使用されており、ホイールアーチにはオーバーフェンダーが取り付けられているそうだ。そして高級生地がコンソールやシートなどのインテリアにふんだんに取り入れられているらしい。エンジンパワーは約428ps、ブレーキはすべてカーボンセラミック製という噂もある。IS F Evolutionは世界で限定500台の発売予定らしいが、価格は約25万ドル(約2550万円)で、そのほとんどが日本での発売となる。

IS F Evolutionは、今年の東京モーターショーでお披露目になると我々は予想しているが、この価格ではアメリカでの販売の可能性は、ほとんどないと言っていいだろう。