よく言われるように、ロータリーエンジンに最も力を入れているメーカーは、マツダかもしれない。何十年もロータリーエンジンを作り続けているし、最近でも、RX-8に、ロータリーエンジンを搭載している。しかし、いくつもの会社がロータリーエンジンの採用に取り組んできたことは事実だ。かのスズキも70年代にはロータリーエンジン搭載のバイクを販売していたし、90年代半ばまでは、ロータリーエンジンを積んだNortonのバイクがヨーロッパのレースで轟音をとどろかせ、ライバルの4ストローク2気筒エンジンのバイクを震え上がらせていた。Nortonはヨーロッパで目覚ましい活躍をしており、1992年にはマン島TTレースで優勝している。


そして今回、そのNortonがなつかしい轟音とともに2009年のマン島TTレースに帰ってくる。下の映像にはNRV588がドニントンパークを走る姿と、性能チェックの様子がおさめられているので、ぜひ見てほしい。あまりにも高温になるため超合金で造られた排気パイプは一見の価値ありだ。