ニューヨークオートショーで、BMWは赤いボディがキラキラと輝く新型X6のMモデルを正式発表した。昨年X6がデビューを果たした時にも驚きを感じたが、パワーアップしたX6 Mにはそれ以上の驚きを感じた。X6の4.4リッターV8ツインターボは最大出力が約405psだったが、今回のM仕様では、最大出力が約562ps、最大トルクは約69kgmへと引き上げられたのだ。つまりX6MはM5の500psというパワーさえ超えているということになる。だがX6 Mはパワーだけが"売り"ではない。BMWは、Mモデルは喜びを表現するモデルとうたっている。X6では、我々は加速以外にそれほど喜びを感じなかったが、X6から4割ほど向上したMモデルのパワーから喜びが感じられるかを検証するには、7月に行われる試乗まで待たなければならない。そして次のM5にも、このエンジンが搭載されることを期待している。

Related Gallery:Detroit 2009: BMW X6 M Live