サイオン(トヨタの北米向けクーペ)と聞いて、後輪駆動やV8エンジンを思い浮かべる人はいないだろう。ところがRockstarやAEM がスポンサーを務めるPapadakis Racingのクルーたちは、フォーミュラ・ドリフト仕様としてFFのサイオンtCをFR化し、ジョー・ギブスとTRD(トヨタ・レーシング・デベロップメント)が開発したトヨタのNASCAR用V8エンジンを搭載したのだ。車の詳細についてはほとんど公になっていないが、tCのマフラーから排出される爆音だけでも我々の興味を引くには十分だ。下のビデオにはチームの責任者への短いインタビューと、かっこいいドリフト走行の様子が映っている。ぜひチェックして欲しい!