世界中には数多くの博物館が存在するが、今まで映画「007」シリーズを取り上げた専門の博物館がなかったことには驚く。ブリトニー・スピアーズでさえ、2000年に地元ルイジアナ州のケントウッド・ミュージアムに常設展示場が設けられたというのに...。だがここに来て、ようやくファンの長年の願いがかなうこととなった。4月5日、イングランド北部にあるカンブリア-湖水地方のケズィックに、イギリス人のピーター・ネルソンによって「007」ミュージアムがオープンしたのだ。
ミュージアムには「007/サンダーボール作戦」のロケットベルトや、「007/オクトパシー」の超小型ジェット機「アクロスター」などの秘密兵器、「007/ゴールデンアイ」に登場したカジバのバイクなどが展示されている。そして忘れてはいけないのは、映画に華をそえるボンドカーだろう。「007/ゴールデンアイ」や「007/トゥモロー・ネバー・ダイ」からは、アストンマーティンDB5、「007/ダイ・アナザー・デイ」のアストンマーティンV12ヴァンキッシュ、「007/私を愛したスパイ」のロータス・エスプリS1、そして「007/ダイヤモンドは永遠に」のフォード・マスタング・マッハ1など、19台ものボンドカーが所狭しと展示されているとのことだ。カンブリアに行くことがあれば、ぜひミュージアムに足を運び、Autoblogに情報提供をお願いしたい。

source