メルセデスベンツAMGは、1996年にC36 AMGがセーフティカーとなってから、もう10年以上もF1に携わってきた。最近では、昨年SL63 AMGをセーフティカーとして提供したが、今年のF1レースでもSL63 AMGが先導役として活躍することになった。

あらゆる状況に対応する能力を保証するため、SL63にはかなりのアップグレードが施された。改良されたのは、コイルオーバーサスペンションシステム、三 段式トラクションコントロールシステム、重厚なコンポジットブレーキ(フロント部分は15.4インチ(約40cm)、リヤ部分は14.2インチ(約 36cm))。また、オイル、トランスミッション、クーラント、パワーステアリングにも追加のクーラーを搭載。車両重量も炭素繊維強化プラスチック (CFRP)製の車体にコンバーチブルトップ構造を排除したおかげで485パウンド(約220kg)軽量化された。詳細はメルセデスベンツのプレスリリー スに記載。高解像度の写真はギャラリーをチェック。

Related Gallery:Windows 8 mockups from 2010


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:In pictures: Jaipur, Rajasthan

Related Gallery:

Related Gallery:Sharp GALAPAGOS hands-on (CEATEC 2010)

Related Gallery:Prison Gangs

Related Gallery:ÓÖ´óÓÖ¾ÃµÄ 17" MacBook Pro ÆÀ²â

Related Gallery:T-Mobile G1

Related Gallery:HP EliteBook china

Related Gallery:hand on Archo 5 1

Related Gallery:Sony's 0.3mm OLED

Related Gallery:Sharp Aquos XS1