内部事情に詳しい筋によると、シトロエンはエコフレンドリーなブランドを立ち上げようとしているらしい。シトロエンは今年の始めに既存の車種に手を加えて高級車とする『DS』シリーズの立ち上げを発表したが、このエコブランドも同じようなプロセスでスタートするようだ。エコブランドから最初に発売されるのは、2007年のフランクフルトモーターショーに出展されたコンセプトカー、C-Cactusをベースとした車となる予定。ちなみにC-Cactusは同社のC4をプラットフォームとしている。
コンセプト発表当時のC-Cactusでは、革新的な素材を採用し、燃費を抑えるパワートレインを導入する予定としていたが、発売される車にもそれが生かされるだろう。ラインアップは、完全な電気自動車、ハイブリッド、そして二酸化炭素排出量が1km当たり100g以下の3気筒ディーゼルエンジン搭載の3モデルを予定している。なかなかすばらしい話だが、溶け残ったキャンドルのような外見だけは、どうにかしてほしいと我々は思っている。



Related Gallery:Smart Electric Drive test drive