この何十年というもの自動車メーカーは、"もしもの時"の安全性を高めるため、研究と開発に努力してきた。こうしたメーカーの尽力から、最近では、運転席、助手席のエアバッグは当たり前となり、側面から衝突された時の衝撃を緩和するカーテンエアバッグも普及し始めているなど、ますます事故時の安全性は高まっている。では、後席の乗員同士の衝突はどう防げばよいのだろうか?
この難題にトヨタが挑み、世界に先駆け開発したのが後席センターエアバッグだ。後席中央に設置されたコンソールからエアバッグが飛び出し、側面から衝突された時に隣に座る乗員同士が衝突する被害を軽減するのが狙いだ。もちろん、後席の中央には誰も座ってないことが条件になるはずだ。トヨタによると、この後席センターエアバッグは日本国内で発売される新型車に年内にも採用される予定だ。
さて次は、長距離ドライブをする親のために、後席で起きる兄弟げんかをやめさせるバリヤーを誰か開発してくれないものであろうか。そうすればトヨタの車でのドライブをもっと楽しめるのに...。