Related Gallery:


かねてから話題となっていたアストンマーティンOne-77が、ついにジュネーブモーターショーでお披露目された。CEOのDr.ウルリッヒ・ベッツは、同じ英国生まれの最高級車ロールス・ロイスが常に顧客やメディアから「十二分な性能」と讃えられていたことをもじり、「One-77は、スーパーカーとして十二分の性能を誇っている。しかも最速のマシンだ」とコメントした。

今回、エクステリアと内部構造が公開されたことで、ついにヴェールを脱いだOne-77。過去のモデルと比べても、販売価格もさることながら性能において もすべてがスーパー級だ。6リッターV12をベースとしたエンジンは、排気量を7.3リッターに拡大。最大出力は760psを下らないだろう。 0-96km/h加速は3.5秒、そしてCEOが最速のマシンと語っているとおり、最高速度は322km/h。また、カーボンファイバー製のモノコック や、アルミニウム製のシャシーが使用されている。内部構造などのさらなる詳細については、また後日報告することにしよう。

インテリアは残念ながら今回見ることができなかったが、今年中には明らかになるはず。1億3000万円以上というお金を支払える人なら、すぐに購入の申し込みをしたほうがいいかもしれない。というのもこのOne-77、文字どおり、わずか77台のみ生産される限定車なのだ。注目の第1号車は、今年の末までに顧客に届けられ、残りの76台は2010年以降の販売になる見通しだ。

【PR】アストンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:

Related Gallery:


<関連フォトギャラリー>

Related Gallery:Huawei MediaPad M1 tablet

Related Gallery:Mad Catz C.T.R.L.i hands-on

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Samsung Beam hands-on



<人気フォトギャラリー>

Related Gallery:Samsung Galaxy Nexus Kamerabilder

Related Gallery:Galaxy / Nexus Android-Familienfeier

Related Gallery:eFun aPen A5: Hands-On

Related Gallery:Lytro Lightfield Hands-On

Related Gallery:Lytro Pressebilder

Related Gallery:PSP Vita Hong Kong Launch Event

Related Gallery:Designer Androids