メルセデス・ベンツは、メルセデス・ベンツSLS AMGの詳細を、2009年のジュネーブモーターショーで正式に発表するそうだ。このモデルは、メルセデス・ベンツ 300SLで有名になったガルウィング・スタイルのドアを踏襲している。

メルセデスは同社の技術者によってテスト済みの、SLS AMGの試作車の写真をたくさん公開している。しかし、メルセデス・ベンツSLS AMGの最終的なデザインは依然、ベールに包まれたままである。現在分かっていることは、SLS AMGはメルセデス・ベンツのスーパーカーであるということと、SLRマクラーレンより小さいこと。かなりの軽量化の結果と見ていいだろう。全く新しいアルミスペースフレームによって車両重量は1620kgになり、SLRマクラーレンより約136kg軽くなっている。そして、ホイールベースは2680mmで、フロントトラックはリアより約30mmワイドとなっているそうだ。
さらにエンジンは出力571ps/6800rpm、最大トルク66kgm/4750rpmのパワーを生み出すAMGが開発した、おなじみの6.2リッターV8エンジンをチューニングしたもの。エンジンは前車軸後方の低い位置に設置され、カーボンファイバー製のプロペラシャフトを通じて、新しい7速のデュアルクラッチ・トランスミッションを配置した後車軸にパワーを伝える。静止状態から時速62マイル(約100km)まで、およそ3.8秒という加速性能を保証する、レーススタート機能(ローンチコントロール)も備わるらしい。最高速度は時速196マイル(約315km)。フロントには約390mmの6ピストンキャリパーを、リアには約360mmの4ピストンキャリパーが装着される。カーボンセラミック製のローターはオプションになるとのことだ。

価格はまだ発表されていないが、20万ドル(約1950円)を下回るのではないかといわれている。当然、このニューモデルはまだショールームには展示されていないが、メルセデス・ベンツは我々のようなファンに早く知らせたくてたまらないはずだ。

Related Gallery: