ニューヨークでは何が起こってもめずらしくないが、ボディがカモフラージュされている車はさすがに人目につく。しかし、渦巻き模様でカモフラージュされたこのBMWは、逃げるように、にぎやかな街に走り去っていったそうだ。GM Inside Newsのフォーラムにこの写真を投稿したGeneralMischeif(ジェネラル・ミスチーフ)というハンドル名の人物は、渦巻き模様のBMW X6に度肝を抜かれて、思わず携帯電話のカメラで撮影したとのこと。この写真が現在我々の手元にある情報のすべてだ。限られた情報しか得られないが、フロントとリア、フロントクォーターパネル部分にカモフラージュが施されていることから、この車は未発表のMX6(Mモデル)であることが推測される。

Related Gallery:X6 M-Version

すでに発売されているX6 50iは400hpのV8ツインターボエンジンを搭載していることからX6のMモデルには、M5と同じV10エンジンを搭載すると我々は考えがちだが、実際はそうではない。エンジンは 50iと同じV8だそうだ。サスペンションの再チューンなどで、運動性能を最大限に引き出し、アグレッシブな走りができるように調整されていると思われる。しかし見くびってはいけない。X6の巨体を軽快に操れる運転技術さえあればロケット・ブースターのような走りが期待できる。実際に運転してみて初めて、専用にチューンされたV8エンジンの豪快な走りを実感することができるだろう。

[情報元:GM Inside News、写真:GeneralMischeif(ジェネラル・ミスチーフ)]