イギリスのオフロード4WDの自動車メーカー、ランドローバーは、スポーツ性を重視した3ドアモデルを製作すると、長いこと言い続けてきた。2004年のモーターショーで、オレンジ色のレンジストーマーを発表し、期待が高まったが、市販車となったのは5ドアのレンジローバースポーツだった。そして最近では、3ドアのLRXを発表したが、この分だと、それもショールームに展示される頃には、もっとドアのあるタイプになるだろう。
そこで、チューニングメーカーの出番だ。LSE Designが、レンジローバースポーツの"クーペ化"に取り組み、ランドローバーに新風を吹き込んだように、今度はイギリスの新しいチューニングメーカー、ARK ReDesignが、3ドアのチューニングカーを提供するようだ。正式な詳細はまだよくわからないが、ARK ReDesignは、新車でも、顧客がすでに所有しているレンジローバースポーツでも、ドアのチューニングをほどこすという。プレスリリースはこちらから。

[情報元:ARK ReDesign]