BMW 7シリーズの新型F01は、BMWのデザイナー、クリス・バングル氏のデザインを継承している。
現在のBMWのデザインに大きな影響を与えてきたバングル氏。何かと話題の絶えない人物だが、今回のF01が彼の下でデザインされたかどうかは残念ながら 不明である。とはいえ新世代F01は、アウトバーンを猛スピードで走行したとしても安定した制動力が得られるように改良されているとのこと。大きな期待が 寄せられる。

「M7が登場するという噂は怪しい」とか「新型のV型12気筒エンジン搭載はどうやら本当らしい」というような噂話が飛び交うなか、チューニングメーカー  Alpina(アルピナ)が世に送り出すB7。高性能な超高級セダンは、来月のジュネーブモーターショーで披露される予定だ。そして、発表に先立ち、ド イツの路上でテスト中のB7の画像を我々は入手した。

では、昨年12月にAlpinaが発表したティーザースケッチと、このスパイショットから見て取れるB7の特徴を伝えよう。これまでのBMW 7シリーズの外観をさりげなく取り入れつつも、フロントのリップスポイラーやトランクリッド、大きめのホイールなどが個性を際立たせているのが分かる。しかし、最大の特徴はやはりAlpinaチューンの核が収納されたボンネットの中だ。4.4リッターV8ツインターボからは、500馬力を遥かに上回るパワーが出るらしい。情報提供者に感謝!

【PR】アルピナの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:NVIDIA Shield 將於 9 月底登陸香港,售價約 HK$2,500

Related Gallery:Vivo X3 動手玩

Related Gallery:vivo X3

Related Gallery:

Related Gallery:iPhone 5S champagne leak

Related Gallery:

Related Gallery:Mazda Hakaze

Related Gallery:Speed Racer (Meteoro)

Related Gallery:Maserati GS Zagato