常々、NISSAN GT-Rをチューニングするなら徹底的にやって欲しいと思っていたが、東京オートサロンに出展されたR35の数を見れば、日本屈指のチューニングショップ各店がR35に本腰を入れて取り組んでいるのが分かる。特に注目すべきはBLITZ (ブリッツ)の手がけたGT-Rだ。日本のD1グランプリ(全日本プロドリフト選手権)で勝てるマシンにするべく、GT-RをFR化し、マニュアル・ギアボックスを装備した。

ブリッツ社はGT-RにアテーサE-TSを採用せず、リアからフロントまでのドライブトレインを新たに設計し、初の後輪駆動のGT-Rを作り出した。またシートは市販のままだが(今後はBride社のバケットシートを採用する予定)、エアコンや他のコンポーネントを多く取り外し、インテリアパネルの一部とボンネットをカーボンファイバーに変え、軽量化を図っている。そしてデュアルクラッチギアボックスをHolinger(ホリンジャー)製のシーケンシャルギアボックスに、リアにはニスモ GT R34 LSDを装着。ツインターボ3.8リットルV6エンジンはそのままだが、マフラーはブリッツ社のカットバックを取り付けている。
ブリッツ社はさらに、ブースト計、油温計、油圧計に加え、自社のショックアブソーバーZRRを全輪に装着、マグネシウム鍛造ホイールBRW Profile 09MAGを採用。ホイールのサイズはフロント20インチ9.5JJ、リア20インチ、タイヤはダンロップ SP SPORT 600 DSST CTTで、フロントは255/40、リアは285/35となっている。

とはいえ、ブリッツGT-Rはまだまだ開発途中。D1出場は2010年以降になりそうだ。クラッチペダルを装備したR35にすっかり魅了された我々は、登場を心待ちにしている。ブリッツGT-R の写真は下のギャラリーをチェック。

Related Gallery:Abt T5 Sport Plus