Related Gallery:Samsung Galaxy Core hands-on


スポーティが売りのブランドでさえ、燃費や排気ガスの問題を考えなければならないことが、イギリスでアイドリングストップシステム(アイ・ストップ)を新型マツダ3(日本名アクセラ)で導入しようとしているマツダが証明している。
マツダ3は日本のブランドの中で最も人気のあるモデル。2009年が終わるまでに、1.6リッターと2.0リッターの4気筒のガソリン・エンジンに、環境 に優しいアイ・ストップを導入する計画を立てている。にもかかわらず、ガソリン・エンジンに比べてはるかに燃費がいいディーゼル・エンジンにはこのシステ ムをオプションとしているのは、惜しい気もする...。興味深いのは、2.0リッターのMZR(マツダが開発したオールアルミの直列4気筒ガソリンエンジ ン)で、日本とヨーロッパ、アメリカで販売するこのエンジンにもアイ・ストップを導入する予定であることだ。もしかすると3つの市場全てでアイドリングス トップシステムを搭載したマツダの車が大ヒットする可能もあるかもしれない。

燃料の節約に関心のない人には、3月のジュネーブモーターショーに出品予定のマツダスピード(ヨーロッパ名はMPS)の3ドア・ハッチバックがお勧め。ツインクラッチのDSGトランスミッションは、2010年に向けて準備中だと伝えられている。マツダに期待できるものはたくさんある。

【PR】マツダの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:TriRod Adrenaline F3

Related Gallery:Samsung Galaxy Core hands-on


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Exclusive Samsung NX100 in the wild

Related Gallery:Samsung Galaxy Player 50 hands-on

Related Gallery:HTC's dual-mode Android slider at the FCC

Related Gallery:Sony Bloggie Touch

Related Gallery:SmartQ T7-3G hands on

Related Gallery:Rockchip 3D IFA 2010

Related Gallery:Droid 2 R2-D2 edition dock

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Fuji X-T1 Hands-On