これからの話は、あくまでもオンライン・マガジンInsideLineの日本在住の記者が言ってる話だよ。アキュラ新型NSXの導入を白紙に追い込むほどの世界的な経済危機にもかかわらず、日本の主要自動車メーカーには進行中の明るい題材が多いんだって。

うわさ話を蒸し返すことになっちゃうけど、有名なモータージャーナリストのピーター・ライオン氏が言うには、日産はNISSAN GT-Rをベースとした2つの新型モデルの開発に一所懸命なんだって。その新型モデルは、これまでも噂になったけど4ドアの新型インフィニティと、ポル シェ カイエンに競合するSUVなんだ。でも、SUV車の開発に関しては日産側から既に否定的な答えが返ってきたみたいだ。当然、ライオン氏はこの情報源を明か さないし、メーカー側も詳細には言っちゃくれない。でも、両モデルとも2011年中に発表されることが予想されているんだ。

一度は消えたレクサスLF-Aについてのうわさも再燃してるよ。F1参戦の継続の決断を下したトヨタは、自動車メーカーとして"依然として真のスーパー カーを市場に送りたがっている"とライオン氏はにらんでる。V10エンジンを搭載した高級クーペは、たぶん1年後か1年半後にお目見えし、小売価格は34 万ドル近く(3000万円相当)なるってさ。

それから、消滅の危機を免れている車種があと2つあるんだって。なんとホンダS2000の後継車とトヨタのスープラで、ホンダS2000の後継車は 2011年の年末か2012年早々に初公開されるかもしれないし、スープラはV6エンジン搭載して2011年に復活の計画らしいよ。フルモデルチェンジし たスバル レガシィもデトロイトで公開されて、今年の5月から生産を開始、今秋には販売の予定だってさ。

ここで紹介したプロジェクトは、必ずしも裏が取れてるわけじゃない。だから各自動車メーカーから確認が取れるまでは、あまり真面目にとらえず静観しようかなって思ってる。

関連リンク
【噂】LFA「TOKYOエディション」、 CT200hクーペ、スープラ後継 トヨタがクーペに力?

レクサスLFAが記録更新!ポルシェ911 GT2 RSをやぶりニュル市販車最速へ!
レクサスLFAロードスターの登場は2014年!!!
【PR】「レクサス」の中古車価格ってどれぐらい? 検索結果を見てみよう!