Related Gallery:2007 Jaguar XKR Convertible


歴史的な伝統を受け継ぎ、いよいよ1月20日、オバマ大統領の就任式が行われる。喜ぶ者もいれば、当然そうでない者も。それはさておき、前例にならいペンシルベニア通りをパレードする大統領だが、大統領専用車の21世紀バージョンが登場した。
スパイフォトだけでは、その全貌はベールにつつまれていたが、就任式まで1週間を切った今、キャデラックは、ついに新型大統領リムジンを公開した。フロン トとリア部分がキャデラックの正統デザインを受け継いでいる点は予想通りだ。とりあえず、市販モデルの代表であるフェンダーベントは装着されていないのに はほっとした。後部コンパートメントはわが国の最高司令官が座る場所だけに、あらゆる通信設備が装備されており、常に交信可能な状態となっている。おそら くそこには液晶画面があり、恐ろしいほどたくさんのボタンが並び、赤い大きな電話などがセンターコンソールの中からせり出たりするのであろう。

セキュリティ上、当然のことながら、キャデラックはこの車についての詳細を控えている。ただ、スペックを見て分かるように、様々な場面での使用に耐えられるようにトラックのプラットフォームをベースにしている。つまり、大統領専用車にたくさんの武器を積んでも耐えられるということだ。また、GMはプレスリリースを行い、第一次世界大戦のころにさかのぼるキャデラックと大統領の歴史的な出会いを紹介している。

許可を得たものではないが室内を彷彿とさせるイラストを掲載している。シークレット・サービスとして乗り込むところ想像しながらご参照を。

Related Gallery:2007 Jaguar XKR Convertible


【PR】リムジンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<人気フォトギャラリー>

Related Gallery:Nikon D5100 HK Press Con

Related Gallery:USB COOL

Related Gallery:Motorola Xoom China

Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian

Related Gallery:AUO's 71-inch Cinema Scope 3D LCD panel eyes-on

Related Gallery:Android at Home

Related Gallery:Samsung Galaxy S II camera samples

Related Gallery:Samsung Galaxy S II user interface

Related Gallery:OPPO Android Phone New UI

Related Gallery:ASUS announced the Padfone