日本の自動車売上台数も、他国と同様に落ち込みを見せている。

しかし、他国と異なるのは、日本の売上台数の落ち込みは今後回復するめどが立たない点だ。日本の自動車市場の今後の見通しは暗く、メーカー各社は "車離れ" という言葉に直面している。車社会を当たり前と考えるアメリカ人には "車離れ" など縁のない言葉に聞こえるが、最近の日本の若者は車よりもハイテクの電子製品に心を奪われる傾向にあり、自動車を所有するという考えさえ持たない者もあ る。2009年の車の総売上台数は486万台と予測されているが、この数字は30年以来、初めて500万台を割ったことを意味する。

カーディーラーは客引きのために興味深い戦略に出た。例えば、あるホンダディーラーでは、公共の交通手段では大型犬の移動が難しいため、ペットを飼う人の注意を引こうと働きかけている。それにしても、ハローキティよりも、ゴジラ (日産 GT-R の海外での愛称) のほうが、受けがいいのではないか? まあ、効果があればどんな戦略でもかまわないが。サミーの情報に感謝!

【PR】トヨタの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Motorola RAZR - chinesische Varianten

Related Gallery:Ferrari Millenio Konzept

Related Gallery:Microsoft Code Space

Related Gallery:Art Lebedev Mini Six

Related Gallery:Art Lebedev Optimus Popularis

Related Gallery:Lemur fürs iPad

Related Gallery:Dartz Jo-Mojo

Related Gallery:iNuke Boom

Related Gallery:Atomic Floyd SuperDarts Details