BMW アートカーシリーズは、BMWの車体にアート界の有名作家たちが思い思いのデザインを施す企画。

しかし16回目となる今回、BMWは新型 Z4 で、 新しいアートに挑んだ。車をカンバスとするのではなく、Z4 でカンバスにアートを描く試みだ。コンテンポラリーアーティストのロビン・ロード氏とBMWの技術チームがZ4 にスプレーペイントタイヤを装着し、ペイントの一部始終を映像ディレクターで、有名な映画監督、リドリー・スコットの息子ジェイク・スコット が撮影した。巨大な白いカンバスにピンク、青などカラフルなタイヤペイントが描き出す美しい曲線の数々は、"喜び" を表現しているという。以下の写真から高解像度ギャラリーへジャンプし、アートカーをチェックしてみよう。また、Wallpaper マガジンには製作までの秘蔵映像も掲載されている。

Related Gallery:


ロビン・ロード

1976年ケープタウン生まれのアーティスト。現在はベルリン在住。独特なスタイルのアート作品が脚光を浴びている。彼の作品は、ヨハネスブルクの郊外で高校生として過ごした経験をもとにしたものが多く、カルチャー的要素 (スポーツ、音楽、ファッションなど) を取り入れている。2001年の南アフリカの FNB Vita Art 賞にノミネートされた。また、「Dislocation. Image. Identity. South Africa」 Centro Cultural de Maria、O'Porto (2002年ポルトガル)、「Shelf Life」 ガスワーク・ギャラリー (2001年イギリス、ロンドン)、「Juncture」 (2001年ケープタウンおよびイギリスのスタジオ・ボルテール) など、数々のグループ展示会にも参加している。個展は「フレッシュ: ロビン・ロード 南アフリカナショナルギャラリーにて」 (2000年ケープタウン) がある。

ジェイク・スコット

1965年生まれ、イギリス出身。コマーシャルやミュージックビデオのディレクターとして15年の経歴を持ち、MTV 賞、グラミー賞ノミネート、エミー賞、カンヌグランプリなどの数々の評価を得ている。広告のクライアントにはアディダス、アメリカン・エキスプレス、AOL、コカ・コーラ、JP モーガンなど有名企業が数多い。また彼が仕事に携わったミュージシャンとして REM、U2、スマッシング・パンプキンズ、ジョージ・マイケルなどがいる。父は世界的に有名な映画監督であるリドリー・スコット氏 ("エイリアン"、"ブレード・ランナー"、"グラディエーター" などの作品)。

【PR】Z4の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Droid RAZR vs Droid Incredible 2 vs iPhone 4 vs LG Marquee

Related Gallery:Samsung Galaxy Nexus Kamerabilder

Related Gallery:Galaxy / Nexus Android-Familienfeier

Related Gallery:eFun aPen A5: Hands-On

Related Gallery:Lytro Lightfield Hands-On

Related Gallery:Lytro Pressebilder

Related Gallery:PSP Vita Hong Kong Launch Event

Related Gallery:Designer Androids

Related Gallery:Evolve Motorcycles Lithium