欲しいものが手に入らないなら、自分で作ってみるのはどうだろう?

少なくともフロリダ州オールズマーのコーネリアス・クローニン氏はこの考えを実行し、アメ車のChevy S10 を 900ドル で購入後、ガソリンエンジンを電気式パワートレインに交換してしまった。フロリダではDIY 式の電気自動車熱が高まり、タンパ湾周辺では個人や中小企業が自作の電気自動車に次々と取り組んでいる。彼らのようなエコ志向の人々は高価で長距離を走れ る自動車を製作しているわけではない。25~50マイル (40~80キロ) の走行距離で十分なのだ。

フロリダ州セントピーターズバーグのソーラープールヒーターの製造会社で社長を務めるセバスチャン・ブルジョワ氏も自作の電気自動車を製造した一人だ。彼 の場合は 1965年の VW ビートルズを電気自動車へと作り変えた経験を生かして、部品と製作情報のキットを7,000 ドルで販売中だ。すでに10部を売り上げたとか。車好きにとってのフロリダは「キャデラックファンが多いだけ」というイメージだが、それは過去の話のようだ。

【PR】トヨタの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:eFun aPen A5: Hands-On

Related Gallery:Lytro Lightfield Hands-On

Related Gallery:Lytro Pressebilder

Related Gallery:PSP Vita Hong Kong Launch Event

Related Gallery:Designer Androids

Related Gallery:Evolve Motorcycles Lithium

Related Gallery:Evolve Motorcycles: Tron Lightcycle Xenon

Related Gallery:Motorola RAZR - chinesische Varianten

Related Gallery:Ferrari Millenio Konzept