日産自動車の北米統括会社 Nissan North America, Inc. のジョー・カステリ副社長(小型商用車&全車両担当)によると、日産は 2010 年から小型商業車市場に全面的に参入する。特に、同自動車メーカーは、 Ford E-Series や Super Duty トラックが現在独占している市場より小さい末端市場を狙う。

最近発表された NV2500 商業用バンから始めて、日産はおそらく NV200 コンセプトからインスピレーションを得てフォードの次のTransit Connect と戦うより小型の都市輸送車を少なくとも1種含む。このバンは2009年に米国両海岸に上陸する予定の 次期キューブ と同じプラットフォームをベースにしている。

日産の米国内ディーラーの約1/3が新車ラインを取り扱う予定。この市場には堅固なディーゼルエンジンの供給なしには参入できないため、日産はオイルバーナーでは Cummins と契約したもよう。日産が Dodge と提携した今、これは便利な関係である。