こう話している内にも再設計された Mazda6 がディーラーに到着する。この日本の自動車メーカーは、本年度のラスベガス SEMA ショー用の微調整のため、スタイルの著名な前衛 Troy Lee Designs に委託した。
Funktion USAが前後の翼の上に炭素繊維スプリッターのようなボディモッズを加える一方、TLDはペンキ自体のためにはL&G EnterprisesとPPGからの助けを得て、カスタムメイドの緑のペンキ作業を決定した。この調整された Mazda6 が単に展示用のスタンド小道具だと思われないよう、それはまた18インチの黒の Momo Strikeのホイール、Hoosier タイヤ(しゃれたタッチ)、Eibach Springs 製カスタムメードのサスペンション、そして 6 ピストンの締具と十字で穴をあけたローター付きの大きな Wilwood 製ブレーキキットが取り付けられている。TLD Mazda6 がエンジンのアップグレードがあるかどうかの説明はないが、ストック3.7L V6 がそのクラス最高の 272 馬力を備えたズーム・ズームを欠いているようには見えない。ジャンプして下のショーフロアからの生の高解像度ショットの当社ギャラリーの後、Mazda からの公式説明をチェックされたい。

関連リンク
【SEMAショー2011】今年の目玉!?  トヨタ「iQ」のカスタマイズカーが勢揃い!

【SEMA】スーパーカー向けカスタムホイールを大特集
フォードがSEMAで、超クールなパトカーを発表!
【PR】 自動車保険一括見積もり

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-06-05

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-06-04

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-06-03

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-06-02

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-06-01

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-05-05

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-05-04

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-05-03