全米人気No.1の自動車サイト - Autoblog 日本版

注目 の情報 …

最新記事数:8 (過去24時間以内) 閉じる

First Drive
【試乗記?】ホンダ耕うん機、これを知ったらあるだけ畑を駆け抜けたい!:今井優杏

  • First Drive
    【試乗記?】ホンダ耕うん機、これを知ったらあるだけ畑を駆け抜けたい!:今井優杏
  • First Drive
    【試乗記】サーキットがより身近に、もっと楽しめる欲張りな高性能タイヤ! 「ダンロップSPORTMAX α-13 SP」:青木タカオ
  • First Drive
    【試乗記】「Audi A4」心を震わせる先進技術の見せ方、タイヤひと転がりでわかる進化、この演出は、さすがアウディ!:今井優杏
  • First Drive
    【試乗記】スズキ・バレーノ その日本車、本当にカレー臭くあーりませんか?
Video
2016年05月06日 07時00分

【ビデオ】新生『トップギア』の司会者マット・ルブランが、アリエル「ノマド」に乗り込んでオフロードを疾走!

英国BBCによる自動車番組『トップギア』新シーズンの撮影現場からは、司会者同士が"冷戦状態"だとか、撮影がキャンセルになったとか、ネガティブなニュースが次々と聞こえてくる。そうすると、そもそも我々はなぜこの番組が好きなのかということを忘れてしまいがちだ。恐らくクラークソン、メイ、ハモンドが好きだったからという人もいるだろう。しかし、このトリオが愛されるようになったのも、番組内で彼らのユーモアと一緒に登場する垂涎もののクルマや衝撃的な映像を目にすることができたからだ。…
続きを読む »
Video
2016年05月06日 06時00分

【ビデオ】NASCARのピットクルーが、アメコミのパジャマ姿でタイヤ交換!

通常、レースのピットクルーはスポンサーのロゴが付いた難燃素材製のユニフォームを着用するものだ。しかし、この映像に登場する彼らは違う。4月18日の「National Wear Your Pajamas to Work Day(パジャマを着て仕事にいこう記念日)」を祝し、米国のレーシング・チーム「フロント・ロー・モータースポーツ」のクルーたちは、それぞれ好きなスーパーヒーローのパジャマを着用して仕事に向かった。...
続きを読む »
Video
2016年05月05日 19時30分

【ビデオ】1,000馬力のトヨタ「セリカ」がドラッグレースに挑戦! パワーに耐え切れず車輪が脱落

昨夜、筆者は自分のMINIに新しいタイヤとホイールを装着した。100%間違いなく取り付けたはずだが、これから運転する時はしばらく、新しいKosei K8Rホイールを留めているラグナットが外れたりしないだろうかと、心配することになるだろう。このビデオを見たらその不安は増すばかりだ。...
続きを読む »
Featured
2016年05月05日 17時30分

閲覧注意!? 知っているとためになる、JAFが「車にまつわる9つの恐怖の物語」を公開中!!

JAFは、バッテリー上がり、オイル漏れ、ハンドルロックなど、ドライバーがうっかりやってしまいがちなトラブルを未然に防ぐ方法や、解決方法を紹介するWEB動画を公開している。 なお、本動画では幽霊が登場し、注意しないとあなたにもこんな恐怖が起こってしまうということをわかりやすくアドバイスしてくれるというちょっと怖い、そしてコミカルな内容となっている(幽霊が嫌いな読者は閲覧注意!!)。…
続きを読む »
Video
2016年05月05日 10時00分

【ビデオ】年配の女性がテスラ「モデルS」の自動運転機能にパニック寸前!

新しく時には驚異的にさえ思える技術を受け入れるのは、誰にとっても簡単なことではないが、特に年配者となるとさらに難しくなるだろう。その事実を完璧に証明したのが、テスラのオーナーでYouTubeユーザーのウィリアム・リマー氏だ。70歳になる母親に自分が新しく購入したテスラ「モデルS」を運転させ、その様子を公開したのだ。リマー氏の母親はこの新車を機嫌よく運転していた。息子がクルマのオートパイロット・システムを作動させるまでは。...
続きを読む »
Report
2016年05月05日 07時00分

『トップギア』の新司会者クリス・エヴァンスの振る舞いは、「かつてのクラークソンよりはるかにヒドい」との噂

2つの仕事を掛け持ちで続けていくのは大変なことだ。ましてや、国内随一の朝のラジオ番組を担当しながら、世界随一の自動車番組の司会までこなせるものだろうか? 英国BBC『トップギア』の新司会者であり、BBCラジオ2『Breakfast Show』で長年パーソナリティを務めているクリス・エヴァンスの様子を聞く限り、それはやはり不可能なことなのかもしれない。...
続きを読む »
Auctions
2016年05月04日 19時30分

レース優勝歴もあるLMP1マシン、プジョー「908 HDi FAP」がオークションに登場

サーキット走行をするためだけのクルマに億単位の金額が出せるとしたら、純粋に走りを楽しめるように設計されたクルマを買うか、それともレースで戦績を残した由緒あるマシンを買うか、選択に悩むところだ。もしあなたが後者なら、見逃せない出物がある。近々開催されるRMサザビーズのオークションに、プジョーのプロトタイプレースカー、2008年型「908 HDi FAP」が出品されるのだ。...
続きを読む »
Official
2016年05月04日 18時00分

フォード、ボルボ、Google、Uber、Lyftの5社が、自動運転車の実用化に向けた連携を発表

自動運転車の開発に世界的に尽力している5つの主要企業が4月26日、米国の交通規制基準を整えるよう、連邦政府に働きかけるために同盟を結ぶと発表した。設立メンバーにはフォード、Google、Lyft、Uber、ボルボという、自動車と自動運転車、配車サービスの分野における大手企業が含まれている。...
続きを読む »
First Drive
2016年05月04日 17時00分

【試乗記】「Audi A4」心を震わせる先進技術の見せ方、タイヤひと転がりでわかる進化、この演出は、さすがアウディ!:今井優杏

近頃アウディがちょっと販売戦略を変えてきたように思う。感覚的には日本に新型TTが導入されてきたあたりからだ。 これまでの、「どう、オレおしゃれっしょ!」みたいな、とかくファッション性をゴリゴリ推す方式から、テクノロジーとかエンジニアリングにフォーカスしたプロモーションにシフトしてきたのだ。「技術の〇ッサン」(オッサンではない)じゃないけど、ベタに言うならそんな感じ。 しかし、オシャレ番長の名を欲しいままにした、かつての芸風を決して捨てたわけではない。仕上げられるクルマがイキナリ泥臭くなるわけもなく、さじ加減は心得たものなのがまたちょっとだいぶニクい。洗練をしっかりと残しつつもさらに走り...
続きを読む »
Followup
2016年05月04日 14時00分

ジャガーのデザイン・ディレクター、イアン・カラム氏が「ワゴン廃止」の報道を否定

先日、ジャガーがワゴン市場から撤退することを示唆した『Automotive News Europe』のレポートをお伝えしたが、同メディアによると、その後どうやら状況が一転したようだ。ジャガーのデザイン・ディレクターを務めるイアン・カラム氏が、間違った情報を引用されてしまったとTwitterに投稿したのだ。同氏は、「XE スポーツブレーク(現行XEのワゴン・タイプ)は生産されないだろうと言っただけで、それ以上のことを言った覚えはない」とツイートしている。...
続きを読む »
Video
2016年05月04日 10時00分

【ビデオ】組み立てに夢中になること間違いなし! ポルシェ「911 GT3 RS」のレゴが発売

多くのエンスージアストにとって、本物のポルシェ「911 GT3 RS」を所有することは経済的に難しい。しかし、間もなくレゴ社から発売される組み立てキットなら、この素晴らしい公道仕様のレーシングカーを299.99ドル(約3万2,000円)で自分のデスクに置くことができる。これも決して安いとは言えない値段だが、レゴ史上もっともクールなモデルになりそうだ。...
続きを読む »
Official
2016年05月04日 07時00分

シボレー、自然吸気エンジンを搭載する高性能モデル「コルベット グラン スポーツ」の価格を発表

シボレーの"C7"と呼ばれる現行型「コルベット」で、「Z06」の運動性能は欲しいが650馬力ものパワーは必要ないと考えるなら、新しい「コルベット グラン スポーツ(GS)」は良い選択だ。このたび明らかになった価格を見ても、8万ドル(約850万円)を超えるZ06には手が届かないと思う人にも、GSは最適な代替品になると言えるだろう。...
続きを読む »
Video
2016年05月03日 19時30分

【ビデオ】90秒でわかる! BMW「3シリーズ」の移り変わり

BMWの「3シリーズ」が誕生してから昨年でちょうど40年が過ぎた。自動車関連の映像メディア『Donut Media』は、その歴代モデルの変遷が分かるクールなアニメーションを制作。90秒ほどの映像に、3シリーズの印象的なモデルが登場する。まずは全ての原点となった1975年のE21型「316」から、このシャシーをベースにした1978年のレース仕様車E21 型「320i グループ5」に変わり、最終的にオースティン・イエローにペイントされた現行モデルのF80型「M3」へ至るように、過去6世代にわたるボディ・スタイルの変化がモーフィング(各画像の間をコンピューター処理で緩やかに繋ぐ加工)で表現されて...
続きを読む »
Featured
2016年05月03日 18時00分

スタッドレスタイヤを履きつぶすことをお勧めしない理由とは!?

ゴールデンウイークに季節外れの降雪があった北海道など一部の地域を除いて、降雪対策は不要になる季節になってきた。 スタッドレスタイヤを使い慣れているユーザーの中には、今度の冬に新しいスタッドレスタイヤに履き替える予定があるので、この夏に今装着しているスタッドレスタイヤを履きつぶしてしまおうと考えている人もいるだろう。 しかし、その考えは、避けた方が良さそうだ。先日タイヤの溝によって停止距離が変わるということをご紹介したが、雨天時のウェット路面での停止距離は、タイヤの溝が充分あっても、夏タイヤには敵わないのだ。…
続きを読む »
First Drive
2016年05月03日 17時00分

【試乗記】サーキットがより身近に、もっと楽しめる欲張りな高性能タイヤ! 「ダンロップSPORTMAX α-13 SP」:青木タカオ

ハイパワー化した最新鋭のリッタースーパースポーツたちを、ロードレース経験のない自分でも臆することなくアクセルを開けて楽しめたのは、この新作タイヤのおかげかもしれない。『ダンロップ SPORTMAX α-13 SP』だ。 フロントの接地感がとても高く、安心してコーナーの奥まで突っ込める。ウォームアップも早く、1周目から積極的に走れる低温時の安定性も目を見張るものがあった。 試乗したのは筑波サーキット2000にて、 ヤマハ YZF-R1M、ホンダ CBR1000RR、スズキ GSX-R1000、BMW S1000RRといった1000ccスーパースポーツモデル...
続きを読む »
Official
2016年05月03日 14時00分

ケーニグセグの関連会社が開発したカムレス・エンジン技術、中国車に搭載されて北京モーターショーで公開

スウェーデンのスーパーカー・メーカーであるケーニグセグの関連会社であり、効率的な内燃機関の研究開発を進めるFreeValve AB(フリーバルブAB)は、自社開発のカムレス・エンジン技術を搭載するに相応しいクルマを見つけ、その試作車を北京モーターショーで公開した。 ...
続きを読む »
Official
2016年05月03日 10時00分

走行距離わずか4,500kmの「マクラーレンF1」を、マクラーレンが販売中

20世紀最後に登場した伝説的なスーパーカー「マクラーレン F1」が売りに出されること自体が稀だが、その走行距離が僅か2,800マイル(約4,500km)のコンクール・コンディションに出会えるなんて、おそらく一生に一度の出来事だろう。今回ご紹介するのはまさにそんなクルマだ。...
続きを読む »
Official
2016年05月03日 07時00分

フォルクスワーゲン、可変タービンジオメトリー(VTG)ターボチャージャーを採用した新型エンジンを公開

排出ガス不正問題を起こしたダーティなディーゼル・エンジンのことはしばらく忘れよう。フォルクスワーゲン(VW)は、4月28~29日にオーストリアで開催された「第37回ウィーン国際エンジン・シンポジウム」において、より効率的な「EA211 TSI evo」エンジンを発表し、同社のクリーンな側面を披露した。この1.5リッター・エンジンは、ターボチャージャーに可変タービンジオメトリー(VTG)を採用した初の量産ガソリン・エンジンとなる。最高出力は96kW(130ps)と110KW(150ps)という2種類の仕様があり、これらを搭載したモデルが(少なくとも欧州では)2016年後半から市場に投入さ...
続きを読む »
Official
2016年05月02日 20時00分

360度動画でバーチャル試乗を体験できる、iOSアプリ「ジャガー・ランドローバー・バーチャル・ドライブ」提供開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパン(代表取締役社長:マグナス・ハンソン)は、スマートデバイスを使って360度動画のバーチャル試乗体験ができるiOSアプリ「ジャガー・ランドローバー・バーチャル・ドライブ」の提供をApp Storeで開始した。 ...
続きを読む »
Featured
2016年05月02日 19時00分

Autoblogの記者たちが、自分好みの新型フェラーリ「GTC4ルッソ」をコンフィギュレーターでカスタマイズ

歴史的に見ると、フェラーリといえば赤色のイメージがある。だが、新型「GTC4ルッソ」は伝統的なフェラーリとは異なっている。4輪駆動でハッチバック・スタイルを持つこのクルマを創設者のエンツォ・フェラーリが見たら、さぞかし驚嘆することだろう。この新型車は、実のところこれまでの「FF」に改良を施し、さらなるパワーと4輪操舵システム、そして往年の名車を思い起こさせる名前を与えたモデルだ。フェラーリの公式サイトでコンフィギュレーターが公開されたことから、Autoblogの記者たちが早速、各自の理想の1台を作り上げてみた。まずは我々のお気に入りのカスタマイズをご覧いただき、それから是非、あなただけの完...
続きを読む »
Report
2016年05月02日 17時00分

【ジュネーブ・モーターショー】ド直球に贅沢な「フェラーリ GTC4ルッソ」:山田弘樹

 フェラーリはフロントに6.3リッターのV型12気筒エンジンを搭載する4輪駆動のシューティングブレイク、「FF」(フェラーリ・フォー)を5年降りにビッグマイナーチェンジ。その名も「GTC4 ルッソ」と改めた。この名前は、1960年代に登場したフェラーリの最上級モデル、250GTルッソや330GTCにルーツを置いており、より細かくなったフロントグリルのホリゾンタルバーや、フロントフェンダーのエアアウトレットがこれになぞらえられたが、かつての名車とGTC4ルッソを外観で結びつけるものはさほど多くない。  つまりフェラーリとしては、フロントにV型12気筒エンジンを搭載する最もラグジュア...
続きを読む »
Official
2016年05月02日 10時00分

憧れの名車を充分試してから買える!! タイムズが新サービスを開始!!

中古車を購入する時に不安に思うことは、見た目は良いが、実際走ってみてどうなのかということではないだろうか。 一般的には、中古車を購入する際、車検が切れていて、公道での試乗が出来なかったり、試乗ができても敷地内だったりすることが多い。 タイムズモビリティネットワークスはレンタカーやカーシェアリングで使用した車両の販売をする際、最大24時間、タイムズカーレンタルを利用することで購入対象車を試乗してから購入できるサービスを2015年より開始している。…
続きを読む »
Green
2016年05月02日 08時00分

シトロエン、「Cエリーゼ」がベースの中国市場向け新型電気自動車「Eエリーゼ」を公開

現在開催中の北京モーターショーでシトロエンからデビューしたのは、新型「C6」だけではない。シトロエンとその中国市場でのパートナー、東風汽車(ドンフェン)は、「Cエリーゼ」をベースとした新型電気自動車(EV)を発表した。シトロエン「Eエリーゼ」と命名されたこの新型EVセダンは、2017年に中国市場で発売予定だ。...
続きを読む »
Motorsports
2016年05月02日 06時00分

BMW、DTMセーフティカーの「M4 GTS」と、パラリンピックの競技用車いすを発表

BMWは最近、2つの全く異なるが同じくらい素晴らしい車輪付きの乗り物を発表した。1つ目は新型「M4 GTS」のセーフティーカーで、熾烈な競い合いから人気が高いドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)のために特別に用意されたもの。世界限定700台の市販モデル同じく、ウォーター・インジェクション・システムを備えた最高出力500hpの3.0リッター直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンを搭載するが、セーフィティーカー用にカラーリングが施され、ルーフのLEDライトや無線通信機器を装備する。6点式シートベルト、ロールバー、消火器などのサーキット走行用装備は、市販モデルにも無償オプションとして用...
続きを読む »
Green
2016年05月01日 16時00分

シャンゼリゼ通りから自家用車が消える!? パリで月に1度、日曜日には自動車を通行禁止に

これまでパリの政治家たちは、大気汚染対策として都心部における自動車の走行を制限する試みを幾度となく行っており、様々な結果を得てきた。例えば、市内の交通量を半分に減らすためにナンバープレートの末尾が偶数の車を24時間通行禁止にしたこともあるし、古い車が市内に入ることを禁止するという措置もあった。そして最新の計画では、5月8日の日曜日にパリの最も有名な大通りの1つであるシャンゼリゼ通りから、クルマをなくしてしまおうというのだ。...
続きを読む »
First Drive
2016年05月01日 13時00分

【試乗記】スズキ・バレーノ その日本車、本当にカレー臭くあーりませんか?

●ある意味、マツダ以上のチャレンジャーでしょ!!  不躾小沢、ただ今にっぽん自動車人としてのプライドをヒシヒシと感じている次第であります。そう、なににであろう 最近のスズキにであーる。  先日までのクジラvsマグロの如き、企業サイズを飛び越えたVWグループとの訴訟バトルを強気で乗り切っただけじゃない。スカイアクティブ戦略で大躍進、世界カーオブザイヤーをも取ったマツダでもやらない、超意欲的挑戦状を我ら日本人に叩き付けてきたからだ。  それこそがこの新型バレーノ。全長4m以下で小沢言うところのインターナショナル・スタイリッシュ・コンパクトだが、なにが珍しいの? デザイン? ってちと違う...
続きを読む »
読み込み中

Loading